山梨唯一の全身整体(NTA)施術でおなじみの「接骨よつば堂」

首の痛み

首の痛み、肩こり等で長年、悩まれている方は非常に多いと思います。当院にもそういった方が多数、来院されますがその殆どの方が「マッサージ」や「ボキボキ」といった事をすれば良い。治ると思っている方が殆どです。

そういった間違った考えを今回は書いていきます!

/

首は絶対にもんではいけない!

首コリが起こると次のような症状が合併して発生します。

・頭痛          ・冷え

・めまい         ・のぼせ

・動悸          ・胸部圧迫感

・血圧不安定       ・自律神経失調症

・胃腸障害         など

首コリ、肩こりなどによって色々な症状が合併症として出てきます。

そもそも首の筋肉と言うのは非常に細くキャシャに出来ています。人間の進化の過程で四足歩行から二足歩行に変わる際に四足歩行の時は頭が身体と平行な位置にある為に頭を支える為に非常に強靭な筋肉が必要でしたが二足歩行になり強靭な筋肉もいらなくなりました。その為に筋肉の付着部である頭の骨も厚みがいらなくなり薄くなって脳みその量も増え地球上で一番、高等な生物となったのです。

話は戻りますが、そんな弱くて細い筋肉(女性た特にです)が普段は頭を支えていなくてはなりません。頭の重さは平均で6キロあると言われています。プラス普段の生活でスマホやパソコンなどの使用により頭が前に出ている状態だと3倍の18キロの重さを弱くて細い首の筋肉で支えていなくてはならないのです。それは、それは毎日首に負担をかけているわけです!

「首がこってつらい」と感じたらどうしていますか?

1、そのままにして様子をみる

2、整体や整骨院、カイロ、マッサージ治療院に行き首に無理な力をかけ治そうとする

3、病院に行って検査や牽引をしてシップを貼る

といった対処的に行っている方が殆どではないでしょうか?

まず、1ですが「様子をみる」と言った方は、どうしていいか分からない。か以前にマッサージやボキボキといった事をして、かえって具合が悪くなり諦めている。

以前にマッサージやボキボキといった事をして具合が悪くなったという方は我々の医療機関に問題があると思います。私達の整骨院業務でもワンコインでマッサージやボキボキといった事をして患者さんが来てくれているから満足をしている(治療家自身)。毎日のように来てくれているから、この患者さんは喜んでくれている(俺は腕がいいんだ。と勘違いをしている)といった様に治療家自身が本当に患者さんの症状に向き合っておらず、自己満足でスキルアップをしようといていないのにも問題があると思います。

2、とりあえず一時しのぎで楽になればいい。治るとは思っていないが気休めにする。というのも非常に悲しい話です。我々治療家の殆どが一時的に楽になっていれば治している。現状維持で仕事が出来、生活を送れればその人の為になっている。といった様に勘違いをしている治療家が非常に多い気がします。

患者さん側は「治したい」と思っているのに治療家側は、そういった考えや酷い場合には、「お金が・・・」といった考えではないでしょうか?

3、の方は整体、整骨院、マッサージなどを受けて、イヤになり行くところがないから病院に行くといった考えの人ではないでしょうか?

そういった首コリ、肩こりや腰痛に対して諦めている方も多い気がします。では、本題の「首は絶対にもんではいけない!」ですが首には非常に大切な神経や血管が走っています。普段の生活でのスマホやパソコンなどの使用によって血流が悪くなっているうえに、これから暑くなり冷房等で冷えてきます。

首を冷やしてはいけない!

身体が冷えると血行が悪くなります

    

血行が悪くなった上で筋肉に仕事をさせる

    

疲労物資の乳酸などが筋肉に蓄積

    

代謝が悪くなり筋肉に柔軟性がなくなる

    

コリが生じる

神経は冷えると働きが悪くなり痛みなどの症状が出ます。首の後ろには副交感神経のセンサーがあり首を冷やすと自律神経のバランスが崩れます。

                 自律神経の働き

         交感神経優位           副交感神経優位

心拍数      上がる               下がる

血圧、血糖値   上がる               下がる

呼吸       浅く、速く             深く、おだやか

胃腸       働きが抑制             働きが促進

ホルモン分泌   不安定               安定

と言ったように交感神経は戦闘モードで副交感神経は安静モードです。交感神経は昼間、副交感神経は夜に主に働いています。

マッサージと言うのは交感神経を高めます。ボキボキといった事も同じです。交感神経は血管を一時的には収縮させますが結果的には緩めます。「緩めるならいいじゃないか!」と思われると思いますが考えてみて下さい。同じ水の量を大きい川と細い川に流した場合では、どちらが流れがスムーズで流れが良いでしょうか?血管も緩んだ広がった状態では流れは悪くなりますね。

また、マッサージやボキボキといった事をして交感神経を高めると夜も良く眠れなくなります。良く眠れないと疲れもとれず。痛みもとれずと言う風にマッサージ等により血流を悪くするばかりか血流が長期間悪くなる事により免疫力も低下して様々な疾患、病気になるリスクも上がります。

首の筋肉の異常

・首の筋肉の異常

・むち打ち症や頭部の外傷

・首の筋力が弱い

などにより首こりになり「3大症状発症

・頭痛

・めまい

・自律神経失調症➡不定愁訴出現  

         動悸、血圧不安定、体温調整障害、微熱、胃腸障害、ドライアイ、全身倦怠感

         吐き気、発汗異常、視力障害、瞳孔拡大、症状の天候依存、冷えのぼせ、胸部 

         圧迫感

                     ⇩ 進行すると深刻に

       パニック障害  新型うつ(自律神経型うつ)   慢性疲労症候群

                      重症化すると

                    自 殺 

と言うように「肩凝り、首コリ」を侮ってはいけません!しっかりとした適切な治療を行うのが一番です!

最近、私の接骨よつば堂にも肩凝りからくる「片頭痛」で悩まれている方が増えています。そういった方の話を聞くと結構な確率で「ヘッドスパ」を受けた。受けていると聞きます。正直に言います。「ダメです!」頭蓋骨(頭の骨)は幾つかの縫合によって繋ぎ合わさっています。その縫合は殆ど動きませんが脳硬膜の拡張、収縮に伴い3秒ごとに開いたり閉じたりしています。強い刺激によりその動きも止めもしますし、頭蓋骨に加えて良い圧というのは5グラム(一円玉5枚)と言われています。ヘッドスパは心では気持ちがイイと感じているかもしれませんが、頭の中はかなりのストレスと感じているはずです。そうそう、頭を洗う際も注意しましょうね!

治療法

首こり、肩こりに限らず腰や膝の痛み(痛み全般)などには絶対に強い刺激はダメです!ソフトな治療(安心安全)が一番です。また、症状の出ている箇所ではなく意外な場所であったり原因があるはずです!

そう!当院でおこなっている全身整体(NTA)がお勧めです!

余談ですが、あるマッサージ屋さんで働いている人が勉強の為に休みの日に他のマッサージ屋さんに行ったそうです。そしたら、かえって痛みが強くなったと言って帰ってきたそうです。「あなたも同じ事をしているのですよ」と思いました。

世の中には「どうしてもマッサージ」と思っている方もいますが「痛みにはマッサージしかないのでは」と分からない方の為に今回はあえてマッサージの危険性を訴えてみました。

Recommend Post おすすめの記事

よつば堂の日記
施術方法に関する疑問
症状に関する疑問

INFORMATION 当院の情報

院名
接骨よつば堂
所在地
山梨県南アルプス市藤田25−7
営業時間
月曜日〜金曜日 午前 8:30〜13:00 午後 2:30〜20:00 土曜日 8:00〜13:00
アクセス
甲府南ICから車で15分
診療時間
8:30〜13:00 8:00〜13:00 ✖️
14:30〜20:00 ✖️ ✖️