ブログ

不妊症

 最近、「不妊」について聞かれることが多い様な氣がします。お友達、姉妹、ご自身がといった方から相談を受けます。
 持論ですが最近は飽食の時代、気軽に何でも食べれる。安く食べれる。そういった食べ物は、殆どが添加物が入っています。添加物は身体を冷やしますし細胞、組織といった人間の身体を構成している最小機関にも悪い影響を与えていると思います。コンビニの余った弁当を豚の餌として与え続けた結果、奇形の子豚が生まれたなんて話を聞いたことがあります。
 また、添加物だけではなく遺伝子組み換え食品や農薬、重金属の体内の蓄積、電磁波、太陽フレアなどによる影響も出ているのではないのでしょうか?
 そういった体に悪い影響を与える食品や環境により免疫力の低下、低体温、冷えなどが不妊の原因になっているのではないのでしょうか?なので高額なお金を払って不妊治療を行っても母体がしっかりとしていなくては意味がないのではないでしょうか?
 最近聞いた話では、不妊治療に一回40万円の10回おこなっても授からないなんて方の話を聞きました。「え?」と思いませんか?その方に当院を勧めて頂いたそうですが「余計なお金は使いたくない」だそうです。「ん~どっちが余計でしょうか?」色々な考え方がありますからね。
 私はまずは母体の改善だと思います。以前、こんな話を聞いた事があります。「赤ちゃんは、お母さんを選んで生まれてくる」子供は空の上でお母さんになる人を見ているそうです。なので、中々子供さんが出来ない方は、お母さんに氣付きを起こさせる為に授からないのかもしれません。
 「もっと自分の身体をたいせつにして!」「冷やしてはだめ!」なんてメッセージを送っているのかもしれませんね!

久しぶりの患者さん

 今日も新規の患者さんが3名来院されました。内2名は再来院の患者さんですが。何か不調、痛みが出ると当院を思い出してきて頂くというのは本当に嬉しいものです!
 一人の方は、一年ぶりくらいでしょうか?以前は紹介で来られていました。腰の状態がかなり酷かったのですが、「そう言えば○○さん来なくなったな~」とその時は思っていました。今日、電話で「○○です」と言われ「え?最近○○さんて言う苗字の方は来ていたっけ?」という感じでしたが来院され顔を見て直ぐに分かりましたが「腰の痛みはすっかり良くなったが今度は○○が痛くなって」とのことでした。
 以前、この患者さんが来院されていた時は治療代も3.500円でしたが今は5.000円頂いているので説明をしたら「あ~いいですよ」と心よく了解をして頂き「やったー治療の価値が分かってくれている方だ」と思いました。
 50代男性の方ですが、この年代の方達は刺激をされ揉んだりしないと納得をされない方が多いのですが、やはり納得ではなく治りたいという考えで当院に来てくれたのだと思います。
 もう一人の新規の患者さんも50代男性でしたが「この方は当院の治療で納得をしてくれるのだろうか?」と思いましたが帰る時は喜んで帰られました。
 
当院に再来院される方の100%が「マッサージでは治らない」「ボキボキしても治らない」「高くても通院回数が少ない方がいい」と言って来院されます。
 当院の治療は特殊な治療です!山梨県でもまだ私しか出来ません。私自身を以前はボキボキしたりマッサージをしたりしていましたが、毎回ボキボキしたり長い事、通院していただいていたのでは、果たしてどうなんでしょう?
 私も以前は慢性的な肩凝り、腰痛がありましたがプラス薬も調子が悪くなると直ぐに飲んでいましたが、この治療と出会ってからは絶好調です!

セミナー出席

 日曜日に、ある会社の社長さんのセミナーに出席してきました。この社長さんは戦後で会社設立10年で100億円の収入になった会社は3社しかありません。あるIT関連の会社、ライザップそしてこの社長さんの会社です。
 繊維メーカーですが繊維を取り扱っての事業は、なかなか難しく大手の会社でも中々、手を出さないそうですがそんな繊維を使って燃焼100億、今期は150億を目指しています。
 私の整骨院でも、こちらの会社の商品を使わせて頂いています。治療をしても普段の生活の中で悪い習慣などにより身体が元に戻りやすくなってしまう。そんな戻るのを出来るだけ少なくするためにも、こちらの会社の商材を患者さんにも提案したりしています。
 例えば当院でもインソールを使っていますがインソールは靴個々に入れなくてはなりません。結局は高くなってしまったり、靴を履いている時だけしか力を発揮しません。しかし、この会社の靴下はインソールと同等かそれ以上の効果があると私は思っています!今の日本人は99%の人が足に問題を抱えていると言われています。気が付いていない人もいますが・・・この靴下はそういった足の悩みの解決や女性の冷え、浮腫み疲れなどにも効果があると思います。
 ふくらはぎをある程度、締め付ける事により下半身の血流を心臓に戻す際に心臓への負担も軽減されるために心臓疾患も減るのではないかと思います!
 おっと商品の説明になってしまいセミナーの話は何処へいったのやら・・・また明日にしますね。

経口毒 3

 添加物や農薬などは気を付ければ何とか少なくすることが出来るかもしれませんが中にはどうしょうもないこともあります。「水道水」です。古くなった水道管の内部はどうしても錆びてきます。そんな錆びた水道管を通った水を飲んだりお風呂の水として使っているのですが防ぎようがありません。水道からは鉛が少量ずつ出ているそうですが子供が遊ぶブランコ、滑り台なんかにも鉛は使われているそうです。
有害重金属(食べ物や,水に含まれるもの
水銀  脳、肝臓、生殖器機能、胃、腎臓に影響
鉛   湿疹、アレルギー
カドミウム  現代病 身体の不調
アルミニュウム 慢性的な身体のだるさ(鍋にも含まれています)
ヒ素  アトピー アレルギー疾患
ニッケル  自閉症 キレやすい 不妊
こういった有害重金属は肝臓に蓄積され腎臓、腸、脳などに影響を及ぼし免疫系にもダメージを与えます。

右を向いても左を向いても身体に悪い物ばかりで防ぎようがありません。日本は先進国とは言われていますが他の国から比べると非常に緩く遅い部分があります。アメリカで禁止になった添加物を平気で使っていたりしています。
 安いから飛びつく。手軽だから。面倒だからいいか。といった感じで生活を送っていると段々と身体は蝕まれていきます。安い物には訳がある。高い物にも訳があります。 

経口毒 2

 何か昨日の経口毒ですが、主に添加物の話になってしまいました。しかし日本という国は非常に添加物の多い国です。皆さんも商品を手に取ってみて裏返しにして何が入っているか確かめてみたことはありますか?防腐剤や着色料やわけのわからないカタカナ表示が書かれていますがそれ以上に添加物が入っています。
 日本では表彰登録などで一つも物に対して一個だけ表示をすればよいそうです。着色料なら赤1とか青2とかと言ったように着色料に対して一個だけの表示でよいそうです。なので裏側に書かれている添加物に対して掛け算が必要になってきます。
 コンビニなどで身体の事を思って「幕の内弁当」なんて思われたら牛丼を買うよりも添加物が多く入っているのです。
 添加物も口から入ってくる経口毒ですが輸入品などの小麦、乳製品なども問題すべき点だと思います。小麦なんかは今は殆どが輸入に頼っています。そのうちの殆どが遺伝子組み換えだそうですが日本は追跡調査を3年しかおこなわないそうですが3年以降どうなっているのか分からないのです。
 また豚肉や鶏肉なんかも成長を早めるためにホルモン剤を与えたりコストを抑えるために粗悪な餌を与えているそうです。
 最近、治療で検査を行いますが農薬に反応する方も費用に多い様な気がします。残留農薬というやつです。何年か前に中国の農場で酷いくらい農薬をかけているところをテレビで放映されましたが、よその事は言ってられないような気がします。少量でも身体の中に溜まっていくことを考えたら本当に恐ろしいことです。

経口毒

 人は口から食物を頂きその食物から栄養を得ていますが、その食物も今ではとっても危険な物になってきています。以前の日本は自給自足、親戚近所からなんて感じだったと思いますが今ではお手軽なスーパー、お店で食品を購入する方が殆どだと思います。
 
そういった食品をみても殆どに添加物が入っています。日本は食品添加物の規制が緩くて500以上あると言われています。ジャンクフード好きなアメリカでさえ300位、ヨーロッパでは厳しく10~30なんて国が殆どだと聞きます。

 アメリカは肥満大国なんて言われていますが最近は国を挙げて肥満防止に取り組み始め日本の発酵食品(味噌、醤油、豆腐など)に力を入れているそうです。日本食は今では世界文化遺産にもなっているので世界の人々が注目をしているのではないのでしょうか?

 しかし日本のスーパーで売られている醤油なんかは1.8リットルが200円くらいでしょうか?醤油をそんな値段では絶対に作れないそうです。スーパーで売れれているのは醤油風味の調味料です。

 添加物というのはとっても便利なもので2~3種類の物を入れるだけで、その味になるそうです。こんな便利で低コストで出来るなんてなんて素晴らしいのでしょうか?って喜んでいる場合ではないのです!以前読んだ本にもあるコンビニの弁当を豚さんに食べさせていたら奇形の子供が生まれたなんて書いてありました。

今回の経口毒は何回で書いてみようと思います。安いからといって喜んではいられません!「安い物には訳がある」ですぞ!

経皮毒

 昨日に続き今日は経皮毒です。経皮毒とは皮膚から入ってくる毒の事ですが一番身近な物が石鹸、シャンプー、リンス、トリートメントではないでしょうか?
 石鹸は普段、手を洗う時に使いますが皆さんは液状のハンドソープを使われている方が多いのではないのでしょうか?私は固形の石鹸を使っているので液状のハンドソープは、何か泡落ちが悪い様な気がして使っていません。手には常在菌がいますがハンドソープは常在菌を殺してしまいます。
 シャンプー等も身体には良くありません。人間の体は身体が温まるとシャンプー等の吸収が良くなり特に頭や陰部などからの吸収力が強くなるそうです。ビックリする話がありますが今の妊婦さんの羊水は昔から比べると、とっても濁っているそうです。ひどい場合は羊水がシャンプー等の臭いのする方もいるそうです。羊水の綺麗な状態で生まれた子供さんの方がアレルギーなども少ないそうです。
 人間は本来は石鹸などは使わずに水で軽く流すだけで良いそうです。現在では常時、ウエットティッシュ等を持ち歩いて常に手を拭いているなんて方もいると思います。手や足も非常に吸収の早いところです。靴が匂うから靴の中にファ○リー○をシュシュとしたりしていませんか?
 私はなるべく身体に害になる事は避けています。安価なもの手軽なものと言った商品は殆どが身体に害になるのではないかと思います。
 羊水が綺麗な状態で身体のデットクスをという方は私の方にお問い合わせ下さい。

経鼻毒

 世の中には色々な物が体内に入ってきては身体に害になる事があります。経皮毒、経鼻毒、経口毒などがあります。今日は経鼻毒について書こうと思います。
 なぜ経鼻毒から?って感じですが、今朝院のベットを先週より変えたためシーツのサイズが今までとは違ったために2年近く使わなかったシーツを久しぶりにベットにセットしていました。そうしたら、良い匂いというか不快な臭いを感じました。「ん?これって柔軟剤の臭い?これって以前使ったのは2年くらいまえだよな?まだ臭いがする?これってすごくない?」ってビックリしました。
 当時は良い匂いと思って使っていたのですが今日、嗅いだ限りでは決して良い臭いには感じませんでした。
 香りは鼻から入り大脳に直接的に入ってきて脳の視床下部を刺激するそうです。こんな人工的に作った臭い、こんなにも長く続いている臭いを絶えず吸い込んでいて良いのでしょうか?
 おまけに身体にも直接、触れている訳ですし。当院でもアロマオイルを使っています。当院のは混ざりっけなしの天然100%の物を使っています。そのオイルの長く匂いが残る物でも2.3日です。
 香りというのは、確かに記憶に残ります。その時の場所、人、初恋の人を思い出すかもしれませんが、今では99%以上の物が人工的に作られた香りなのでなないのでしょうか?

不思議な治療

 今日で2回目の患者さんですが「先生の所の治療は元に戻りませんね」と言われました。当院の全身整体(NTA)は部分的にするのではなく全身を整え体内循環を良くしていきます。俗に言う○○矯正とかは部分的にしかおこないません。なので積み木に例えると前後、左右にズレた積み木を一ヵ所だけ真っ直ぐにしても他の所にズレがあっては、また直ぐに戻ってしまいます。普段の生活や姿勢により。当院の全身整体(NTA)は全身のズレを治すので戻りにくくなっています。
 この方の次の患者さんも「先生の治療は本当に不思議ですね。初めはこれで治るのかと不安でした」と言われました。この患者さんも初めは不信感を抱いていたと思います。でも私を信じて来院して下さったので初めは1週間に1回を3週間ほど続け次回からは1か月に1回となりました。また「今日は息子が帰ってきているから連れてきても良いか?」と聞かれ息子さんも連れてきてくれました。
 当院の全身整体(NTA)も口コミで段々と広がっています。前はWebでの患者さんが多かったのですが今では紹介や再来院の方の方が多くなってきています。嬉しい限りです!
 今日の積み木の例えはとっさ的に出てきましたが我ながら良い例えだな~と思いました。

本屋さん

 何時もは本を買うときはAmazonなんかを使いますがたまに古本屋さんにも行きます。
 昨日も綾小路きみまろの本を欲しくて古本屋に行ったのですがありませんでした。
 なぜ?綾小路きみまろ?と思われると思いますが10月より近くの公民館を借りて地域の方を対象に「健康セミナー」を開催しようと思い、どうせなら面白可笑しくの方が良いと思い綾小路きみまろの本を探しに行きました。
 なかったので、ついつい余計ではありませんが4冊買ってきました。2冊は心理学の本。2冊はブッダの本を買ってきました。なんか適当に手に取り殆ど中身を見ないで買ったのですが家に帰って見てみると意外と面白そうで良かったです。
 しかし古本屋というのは本によってですが以前に読まれていた方の想いなんかが入っている場合があるので気を付けは方が良い場合があります。手に取って嫌な感じがしたり、重い感じがするなんて場合は辞めた方が良いかもしれませんね。以前、私も具わいが悪くなった事があります。
 でも本て良いですよね。学生の頃は本なんて読んだことがありませんでしたが今は、良き先生です!私も一ヶ月に5冊の本を読むようにしています。でも最近は内容を濃くして読むようにしているので中々、読めませんが。