ブログ

久しぶりの休日

 15.16日と久しぶりの連休となりました。気温も上がり非常に過ごしにくい日が続きます。
 15日は戸塚にレスベラトロールの話を妻と興味のある患者さんとで聞きに行ってきました。
レスベラトロールと聞いて聞いたことがあるよ。という方もいるかもしれませんが「え?何?」という方もいると思います。レスベラというのはブドウの種から抽出したミトコンドリアを活性化しサーチュイン遺伝子をオンにします。
 ミトコンドリアは生きていく上でのエネルギーの生成をします。サーチュイン遺伝子というのは、主に身体の老化を防いでくれます。なので今の状態で何年経っても今の状態で年を取っていくのです。某国営放送でも放送され同じ年のサルにレスベラを与えたサルとそうでないサルとでは大きな違いがでました。

この情報もユーチューブで検索して頂くと観れます。

私も4か月ほど呑んでいますが以前に増して記憶力が良くなりました。ま~以前が以前ですから・・・プラスお腹の調子も良くなり楽しい生活を送っています。これからレスベラ、サーチュイン遺伝子を勉強して患者さんに伝えていければと思います。
 興味のある方はお問い合わせ下さい。非常に凄いです!
 16日は長野に子供を連れてプールに行ってきました。プールに行くのに山梨県内ではなくわざわざ長野まで行かなくてはならないというのも悲しい気がします。松本市内には流れるプールが二か所あります。山梨県内にはありません。私達の血税もそういった所に使ってくれればと常に思います。

誠実さ

 今日の患者さんとの会話の中で「先生は誠実ですね」と言われました。この患者さんの息子さんが以前私の治療に来られていましたが来院回数2回でしたが息子さんが「あそこの先生は誠実だ」と言っていたそうで、そんな息子さんの言葉でお母さんも私の所に通院されたそうです。息子さんもお父さんの紹介でした。
 私自身は自分で誠実かどうかは分かりませんが保険の診療を辞め(保険がしっかりと適応の方は保険を使います)色々と考えさせられる事が沢山ありました。
①法律上、整骨院は骨折、脱臼、捻挫、打撲の急性、亜急性の原因のはっきりとした症状しか使えないのにウソをついてまで保険で治療を行い調べに対してビクビクしててよいのか?
②保険で安く治療を行っていれば、ある程度の患者さんは来てくれるのかもしれないが、それって自己成長になるのか?
③治療とは言っているが本当に治療なのだろうか?安くて気持ちがいいから、気休めで来ているだけではないのか?
など、これから自費治療を行っていけば色々な疑問が私の中で出てくると思います。
特に②ですが、私は年間に数十回とセミナーに出席します。その度に交通費、セミナー代などがかかりますが自費でするからにはスキルアップは当然。それなりの結果を出さなくてはなりません。保険で治療を行っていたのでは、こういった向上心は出なかったと思います。
 常に患者さんの事を考え「患者さん一番」といった考えになりました。当然、全てを治せる事は不可能だと思います。でも10ある痛み不調が0.5でも1でも減って患者さんが「幸せ」を感じて頂けたら私は幸せです!
 昨日、来院された腰のヘルニアの酷い方が来院されましたが今日は痛みが半分まで減っていたそうです。その言葉を聞いた時、私は心の中でガッツポーズをしました。
 まだまだ、発展途上の私ですが更に上を目指して目標とする先生に少しでも近づきます!

セミナー開催のお知らせ

 7月26日に当院で3回目のセミナーを開催いたします。今回は「腸を整え運氣アップ」で行こうと思います。
腸を整える事により幸せホルモンの分泌が良くなります。前回は「足」についてのセミナーでしたが参加された方も非常に喜ばれ家で実践して頂けたのではないかと思います。
 私は、あまり人前で話をするのは得意ではありませんが、こうして当院でセミナーを開催するのが夢であり目標でした。セミナーを開催するにあたって私自身の勉強にもなります。どのように説明をしたら聞きに来てくれた方が納得してくれるのか。より深く勉強をするようになりました。
 まだまだ、少人数の開催ですが今後、沢山の方の前で開催出来ればと考えています。こうして健康、健康寿命を延ばして頂く手助けをするのも我々、治療家の役目だと思っています。ドンドン役に立つ情報を発信していけたらと思っています。
 時間は10時から11時半を予定しています。参加費は500円となります。当院の患者さんに限らずにこのブログを読んで聞いてみたいと思われる方はお問い合わせ下さい。

昨日もセミナーに出席してきました

 昨日は埼玉でNTA(神経伝達調整法)のセミナーに出席してきました。改めて面白い治療であるし、凄い治療だと感じました。今まで間違っていたところをしっかり修正し、早速今日の治療でも気を付けながらしました。ん~やっぱり違います。今までより奥の深い部分までとれる様になりました。痛み不調というのは浅い部分ではなく深い部分にあります。
 今日で4回目の患者さんですが今まで薬がないと不安だったそうですが全身整体(NTA)を受けられるようになり全然飲まなくなったそうです。なので職場の方も「どうしたの?どこに行っているの?どんな治療?」なんて色々聞かれたそうですが答えられなかったそうです。
 全身整体(NTA)は受けられた方100%が「何をしているか分からない」「説明が出来ない」「でも不思議」と色々な事を言われます。お友達などに紹介するのに困ると言われます。
 不思議だと思います。正直私も「これで治るの?」と始め思いました。チョット違う世界に足を踏み込んだかな?なんて思いましたが今は本当に全身整体(NTA)を初めて良かったと思います。
 これからも一生勉強だと思います。でも、それに生きがいを感じています。少しでも多くの方に喜んでもらい幸せになって頂けたらと思います。

久しぶりの患者さん

昨日6~7年ぶりの患者さんが来院されました。以前、していた所に行ったのですが私がいなかったためネットで探して来院して下さいました。本当に嬉しいですね!なにか不調や痛みがあると私を思い出して下さるなんてこんなに嬉しいことはありません。
 そういえば、最近は新規の患者さんも紹介の方か再来院の方が7~8割の様な氣がします。段々とインターネット集客に頼らずにご紹介、再来院の方で運営出来ればと思っています。
 私には夢があります!昨日、仕事の合間に日曜日に出席したセミナーの資料を読みました。そちらの病院は、殆ど薬を使っていないと思いますが当院でも使っている「アーユスセンサー」を使い色々な患者さんを治しています。
 私もそうなりたい。いやなる!と決めました。「アーユスセンサー」に出会ったのもきっと、そうなりなさいという事だと思います。物事には偶然は無いといいます。必ず必然だと。
 世間でこんな事を言ったら笑われるかもしれませんが本田圭佑のビックマウスを見習い私も自分自身にプレッシャーをかけていきたいと思います。同じ人間のしていることですもん!努力すれば必ず私も同じになれると思っています。目標に向かって楽しく突き進んでいきたいと思います。

これからの医療

 先日出席したセミナーの講師の先生である京都のH先生と言う有名な先生も一時間程、講義をして下さいました。
 H先生は医者でありながら治療に「ダウジング」を使っているそうです。ダウジングって以前テレビなどで話題になった水脈などを掘り当てる際に使われています。お医者さんの立場からすると「ダウジング」と聞くと「そんな非科学的」と言って鼻で笑う方もいるかもしれませんが、H先生は患者さんの為なら西洋医学も東洋医学も関係なく非科学的と言われても第一に患者さんの事を考えられている先生だと思います。

 今日、改めて日曜日に頂いたパンフレットを読んでいますが我ながら「凄い世界に足を踏み込んでいるな!」と思いました。私は以前からある物を欲しいのですが、これまででしたら無理をしてでもすぐに買いましたが、ある目標を立てその目的が達成出来たら購入しようと思っています。それまでは、「まだその物を使う器ではない。もっと人間として成長したら買うべきだ」と思い、その目標に向け頑張っています。
 
 こうして色々なセミナーに出席して色々な方の話を聞くと素晴らしい考えをお持ちの方が沢山いるな~と思います。私もまだまだ修行をし徳を積んでいきたいと思います。

セミナーに出席してきました。

 昨日(24日)は東京の赤坂見附で「アーユスセンサー」のセミナーがありました。も~赤坂見附にある全国町村会館は何回行っているでしょうか?なんか行かないと寂しく感じるくらいです。
 昨日のセミナーも人間の持つエネルギー、波動、天と地の繋がりみたいな話でしたが私はとってもそういった話が大好きです。まだ、そういった治療方は日本では受け入れてもらえない人が多いと思いますが実際の話、今まで通りマッサージなどを受けられていて症状が変わっていますか?中には症状が悪化した。なんて話を聞きます。

 受ける側も治療家側も「効果があって害がない」が一番ではないでしょうか?でも認識の変化はしていると思います。実は今日も新規の患者さんで整形の看護婦さんをしている方が2名来院して下さいました。その方も「マッサージは一時的だから」と言っていました。段々と分かって頂ける方が増えていくことを願っています。

 しかし意識を持って行動する事と、何の意識を持たないで行動するとは結果が全然違ってきます。昨日の話の中に小児リュウマチでお医者さんから「も~治らない」とさじを投げられた子供さんが目的(目標)をつ事によりお医者さんも見放したリュウマチが治ったそうです。
 治療をするうえでも、しっかりと目標を持って行った方が患者さんの治りも早いのです。
 そんな馬鹿なと思われる方もいるかもしれませんが事実です。

セミナーを開催いたしました。

21日に当院でセミナーを開催いたしました。少人数ではありましたが皆さん一生懸命に聞いて下さり楽しく「へ~そうなんだ」と少しは為になったでしょうか?
今回は「足」についてでしたが、これから大きくなっていく子供さんの「足」がとっても心配です。今現在も偏平足、浮足、外反母趾、開張足など足で悩まれている方がとっても多いです。大人になってからでは遅いのです。8歳までに足は形成されそれ以降はず~とその足と付き合っていかなくてはならないと聞きます。
 今回のセミナーも子供さん連れだったのでしっかりと「足」の大切さやケアーをお話しさせて頂きました。
 私も最近、足にある「距骨」という骨に注目をしています。「距骨」という骨には筋肉が付着していないんです。なので前後、左右どちらにもズレる事があるのです。これから「距骨矯正」を少し研究をしてみたいと思っています。
「足」は本当に大切です!しっかりとしたケアーや靴選びの大切さを患者さんにお伝えするのも我々治療家の大切な使命だと私は思っています。私の治療院では患者さんにそういった大切な事をお伝え出来る様にしっかりと時間をとり流れ作業的な事はしていません。患者さん私共に納得のいく治療院を目指しています。

セミナーに出席してきました。

 日曜日は東京の田町で「足」専門のセミナーに出席してきました。最近私もとっても足について興味があり勉強もそれなりにしているので、かな~りの期待で行きました。

結果は次は無いかな。って感じでした。「足」専門のセミナーと言うことなので、かなりマニアックなセミナーだと思っていました。今回のセミナーは私には物足りず残念なセミナーでした。

今週の木曜日に当院でセミナーを開催いたします。今回は、やはり「足の大切さ」について話をしようと思っています。足と言う期間は非常に大切だと私は思っています。積み木を重ねていくのにも下がしっかりとしていないと上は直ぐに崩れてしまいます。なので人間も同じ事が言えると思うのです!

当院ではインソールも使っていますが、インソールは靴を履いている時だけなので当院では「魔法の靴下」を勧めています。私的にはインソールよりも「魔法の靴下」の方が色々な面で患者さんに対してプラスになると思っています。でも足は本当に大切だと私は思っています。

皆さんは足を一日の間でどれくらい見ていますか?殆どの方が、あまり見ないのではないのでしょうか?大切な器官です。鏡で自分の顔を見る様に足もしっかりと見て欲しいと私は思います。そうすることにより足の不調も早期に発見できるのではないのでしょうか?

もし、足でお悩みの方はお氣軽にご相談下さい。

一年ぶりの患者さん

 小学生の患者さんで一年ぶりに治療に来てくれました。一年前は花粉の治療で来られ今回も兄弟で花粉症の治療に来てくれました。本当に嬉しいですね。原因を探ってみると色々な事が免疫力の低下、入ってきた物に対しての過剰反応が診られました。
 パンの食べ過ぎで合ったり豚肉の食べ過ぎなど色々な原因があるとおもいました。しっかりと原因を見つけだし早期の症状の軽減、回復が私の役割だと思っています。
 今回来院された二人の患者さんも去年より今年の症状が軽く済んでいたので治療に来られましたが症状の原因となっている部分を改善すれば必ず軽く済むと思います。

 花粉症の症状が出たから薬を飲む。症状が出る前に薬、注射などで予防するのではなく原因の部分を少しでも改善すると症状も軽く済むのではないかと思います!

薬は初めは効果が出るかもしれませんが段々と身体も慣れ1が2になり3になりと・・・ん~

 人間は本来、自然治癒力という物を持っています。薬に頼る自分よりも自然治癒力高める自分も方が身体も喜ぶのではないかと思います!
 
そう言えば。不思議と昨日は2年ぶりの患者さんも来院されました。調子が悪くなったら接骨よつば堂を思い出して来院して下さるなんて本当に嬉しいですよね!