木を見て森を見ず

 今日も嬉しい患者さんが来院して下さいました。車で一時間かけて当院まで来てくださいましたが、背中が痛くて他の整骨院や整体で治療を受けていたそうですが「背中が痛いと言っても背中しか治療をしてくれなかった他にも原因があるのでは?」と思われ当院のホームページなどを見て当院の考え方に共感をして頂き来院して下さいました。
 初めアーユスセンサーという特殊な器具を使い治療を行い、それだけで感動をして頂き、その後アーユスセンサーで原因となる事を見つけました。
 幾つか原因となっていた事を紹介いたします。
1、咀嚼不足  2、豚肉の食べ過ぎ(身体に合っていませんでした)
3、ビタミンB不足  4、農薬(最近は農薬に反応する方が多いです)
など聞いてみると本人も心当たりがある様でした。
 また最近は熱いので冷たい物による内臓の冷えも関係をしていて体調不良もありました。皆さんも冷たい物は控えた方が良いかもしれません。冷たい物は口に入れた瞬間に脳が血管を収縮させ血流を悪くするようです。
 症状、結果だけを診て痛み、不調の部位だけを治療していたのでは直ぐに元に戻ってしまいます。痛みの本当の原因は何なのか?プラスその患者さんの生活で悪い影響を与えているのは何なのか?そういった本当の原因を見つけだすのが早期の回復に繋がるのではないかと私は思います。
 今日、他の患者さんに「一番初めに治療を受けた時は怖かった」と言われました。(色々な部分でだと思います)「でも、こちらで治療を受けて本当に良かった」と言われました。
 確かに当院の治療は不思議で怪しく理解しがたい治療だと思いますが私は患者さんが元氣に笑顔の生活を送って頂ければそれが一番だと思います。
 「木を見て森を見ず」ではなく山全体を診て治療をする治療家でありたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)