諸行無常

今日も新規の患者さんが2名来院されました。一人は昔からスポーツをされており身体中に不調があり、骨折や脱臼をかなりの箇所で怪我をされている方でした。以前でしたらどの部位を最優先に治療を行うのかアタフタしたかもしれません。こちらの患者さんは、主に首の痛みで来院されましたが診断を行うと尾てい骨や胸椎、足首、内臓の冷えなど色々な原因がありました。プラス過去の大きい怪我も原因があると思います。治療は全身整体(NTA)を勧め治療後には「不思議だ~」と言って帰られました。
 二人目の患者さんは交通事故で足を踏まれて中指の骨折、小指のヒビなどがあり、こちらの患者さんは電機を使った治療を行いました。足の損傷も痛い部分だけではなく後々、色々な部分に痛みが出る場合があるので、そういった事も考え治療を行いました。
 今日、山梨で一番大きな花火大会だと思いますが去年より一段と綺麗で変わっていると思いました。
 代の諸行無常(しょぎょうむじょう)ですが意味は世の中常の変わっている。あなた達も変化しなさい。という意味です。
 花火の業界もそうですが私達、整骨院業界も常に変化をしなくてはいけないのだと思います。
 患者さんにとって、何が最適かどうしたら喜んで頂けるのかを常に思いながら治療をさせてもらっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)