保険診療

当院では今月4月から自費メインで治療を行っています。今現在でも保険請求はゼロです。本来、整骨院【接骨院】は骨折、脱臼、捻挫、打撲といった怪我、急性、亜急性のものしか保険を使う事が出来ません。肩凝り、慢性的な腰痛、原因のハッキリしはいものもダメです。そう考えると整骨院で保険を使って診る事の出来る患者さんて本当に少ないな~と思います。
昨日も「肩凝りで」といった患者さんからの問い合わせがありましたが「保険は使えません」と言ったら「じゃーいいです」と肩凝りでも整骨院でワンコインでマッサージをしてくれると思わせている従来の整骨院スタイルが本当に根付いているな~と。
私は患者さんと向き合って流れ作業的に治療を行うのではなく患者さんの症状と向き合い時間を掛けて治療を行いたいので自費治療に移行しました。
資格を取った時は、メラメラと闘志をむき出しにしていましたが結局のところ症状ではなくお金と向き合っていたような氣がします。自費治療にしたら自分の時間も増えたので沢山の書物を読み漁り知識を豊かにして「知識の武装」が一番ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)