刺激

 人間の体というのは刺激に慣れてしまいます。先日もあるTVで痛み止めの過剰摂取の話をしていました。初めは痛み止めで呑んでいたのですが、次第に痛みは無くなっているのに呑まなくては不安になり依存的になり色々な所に不調が出る。なんて話をしていました。
 人間はある程度の刺激を受けていると段々、今以上の刺激を受けないと気持ち良く感じなくなったり物足りなくなるようです!一種の依存ですよね。また刺激が段々強くなると交感神経の活動も活発になります。交感神経というのは特に昼間に働く神経です。刺激をされつ続ける事によって頭の中は何時での昼間の状態。なので夜寝ても疲れが取れない。寝た気がしない。そうなると余計に身体の不調はとれなくなります!
 また交感神経は血管を細くします。なので強い刺激はかえって血流量を減らします。
気持ちが良ければリラックスしていると思うかもしれませんが頭(脳)はストレスとして感じているかもしれませんよね?
 私は最近、患者さんとの会話で「私は皆さんの健康寿命を延ばしたいんですよね!」なんて話をします。そうすると殆どの方が「そうですよね!」と同感して頂きます。
 接骨よつば堂は皆様に健康とエネルギーを提供していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)