自律神経の乱れ

 段々と暖かくなってきました。「寒いのが嫌だ!温かい方がいい」なんて言う方がいますが寒い季節があるから暖かい季節があるわけです。ず~っと暖かいだけでは世の中変になりますよね。
 暖かいから寒い。寒いから暖かいという季節の変わり目は自律神経のバランスも崩れて体調を崩す方も増えてくると思います。特に最近は自律神経のバランスの崩れプラス外的ストレス(電磁波、紫外線)などの影響が多くなり体調不良をおこします。
 自律神経のバランスなどは当院の全身整体(NTA)や薬石ベッド、星状神経ブロック療法なので整ってきますが外的ストレスは自分でもまったく受ける事を防ぐことは無理かもしれませんが少なくすることは出来ると思います。
 特に現在は携帯電話の長時間の使用であったり、携帯電話を目覚まし代わりに使っている方も多いと思いますが使わなくてすむのなら出来るだけ使用時間を少なくした方が良いと思います。
私は自分で出来る身体に悪いことは出来るだけ行わない様にしています!皆様もご自身の健康の為に少し見直してみてはいかがでしょうか?
今日ちょっとした出来事がありました。紹介を受けて来院された方が来ましたが「どなたの紹介ですか?」と聞いたら「他の整骨院で受付をしている方から聞いて来ました」といった患者さんが来院されました。

目的

私にはこんな目標があります。全身整体(NTA)のセミナーで講師を務めることです。以前は人前で話をするといった事は本当に苦手でした。(今も苦手ですが)でも講師をすることにより私自身の為にもなります。人間は常に変化して進歩する生き物だと思います。
目標を立て、その立てたことに満足をしてその後は何もしない。そういった人が多いのではないでしょうか?私自身もそうです。お正月に目標を立て今年が始まって50日以上経ちますがこれまで何をしたのだろうと思います。
 人は考え方、思い、意識、行動、習慣などが変わると環境や出会う人なども変わります。私も変わったことにより色々な変化がありました。色々な事を変える事により未来も変わるのではないのでしょうか?
ここ数年で素晴らしい考えを持った人達に沢山出会えました。また素晴らしい会社にも出会えました。そういった方達がもっと私を成長させてくれるのではないのでしょうか?でも決して他力本願ではいけません。しっかりと今以上に努力をしていきたいと思います。

足大切にしてますか?

 皆さんは普段、顔を見る様に足、足の裏を毎日見ていますか?ほとんどの方が見たことないと思います。足と聞いて自分の足でも「何か汚い」なんてイメージがありませんか?でもこれからは毎晩お風呂に入ったら足に話しかけるのもいいかもしれません。
 足は自分の全体重を支えてくれているわけですしかなりの負担がかかっています!朝の米粒を一つ足の裏に入れて一日を過ごすだけで身体のバランスが崩れると言います。なので普段からお風呂に入った際は足、足の裏をよ~く観察してみて下さい。赤くなっている所や皮膚が厚くなっているところ、足の指の変形、爪の色など普段から自分の足の状態を知っておく必要があると思います。
 早めに異変に氣付くことにより症状の悪化も防げると思います。また自分で出来るケアーもした方が良いかもしれませんね。
一週間に一回位、柔らかめの歯ブラシで爪の回りを擦るとか、一日中狭い靴の中に入っているので手の指を足の指(̪趾)に入れて軽めのマッサージをするのも良いかもしれません。
 また殆どの方が行っていないと思うのですがお風呂から上がったら、しっかりと足の指一本一本を拭いて欲しいのです。足の指の間は細菌などが繁殖しやすいので一本一本拭きとるというのは非常に大切だと思います。
普段から足に感謝を込めてお手入れして上げて下さい!

足の大切さ

 本人の93・94%は偏平足だと言われています。私も治療を行っていて足を観ると殆どの方が偏平足です。自分では偏平足ではないと思っている方もいるかもしれませんが偏平足の方がほとんどです。
 では偏平足だとどんなことが起こっていくのでしょう?
まず偏平足により体の重心が後ろになりますその為、骨盤も後ろに傾きます。骨盤が後ろに傾いているのですから体はバランスをとろうとして上半身は前のめりになります。そうしますと俗に言う猫背や頭が前にいきます。それにより頚椎のストレークネックが生じます。
 次に足の重心も踵や親指側にきます。その為に外反母趾の原因にもなります。外反母趾だけでなく開張足、浮足、水虫・・・など色々な疾患の原因ともなります!
当然、体のバランスも崩れるわけですから腰痛の原因になったり肩凝り膝の痛みなどが発生します。
 ではそういった事に対してどういった事を接骨よつば堂では行っているのでしょうか?
全身整体(NTA)で身体を整え場合によってはインソールを勧めています。身体のメンテナンスは全身整体(NTA)で行えますが。その後の調子のよい状態をいかに長く続けれるかというと、普段一番接地が多い足の状態を守る事だと思います。
接骨よつば堂ではインソール作り12.000円プラス相談料、5.000円で17.000円となります。高いと思うかもしれませんが私は患者様に良い物を勧めたいのでスポーツショップなどで市販されている品物とは違う物を使っています。

足病医

【靴選び】
皆さんは靴を選ぶときに何を基準に選んでいますか?
ファッション性?軽さ?履き心地?
専門的に使うマラソンランナーや山登りの方は履き心地や機能性重視だと思いますが、殆どの方はファッション性ではないでしょうか?
たまに履く靴なら少しは良いかもしれませんが毎日履く靴は軽さや履き心地などを重視した方が良いかもしれません!
ではどんな靴が良いのでしょうか?
1、しっかりと踵のホールド性があり踵部分が高いもの
2、つま先が柔らかいもの
3、ヒモかマジックでしっかり甲の部分を固定できるもの
最低3つをクリアーしていた方が良い靴だと思います。
1、のホールド性は踵が守られることにより足に安定感がでます
2、柔らかさはしっかりと蹴って歩行できるようになります
3、靴ひもで買って1回縛ったらず~と縛りぱなしなんて方がほとんどだと思いますが出来れば履くたびに結び直した方が良いと思います。その時によって足の浮腫み感などで足の状態は変わっているわけですから。
日曜日に息子君の靴を量販店に買いに行きました。初めはニュー〇〇スがいいかな~と見ていたのですが店員さんに聞いたらアシックスを持ってきました。靴を観てみたら3つのポイントがしっかりしていました。
流石店員さんと思いました。しっかりとした靴選びでしっかり歩き健康寿命を延ばしましょう!

インソール販売始めました

学べば学ぶ程自分の無知の湖が広がっていきます。
私は今までは「足」という物にさほど重点をおいていませんでした。しかし去年の9月にインソールのセミナーに出席して「足」の重要性について氣づき最近は「足」本を頻繁に買い勉強中です。
知れば知るほど「足」の重要性に氣づかされます。9月から勉強を始め今までは自分の中では勉強期間中だと思い「インソール」の販売は行っていませんでしたが、ある程度知識も身に付け「足」の説明や歩き方などの説明も出来る様になりバレンタインデーという。この日に販売を開始いたしました。
 でも皆さん!「足」というのは本当に大切ですよ!アメリカの調査によると速足の人ほど長生きだそうです。またガン、糖尿病、心不全、パーキンソンの発症率も低く心臓病の死亡率も1/2だそうです。
歩く事が人間にとっては簡単に出来る一番の健康法であるとおもいませんか?
でも何時までもしっかりと歩くにはしっかりとした体と足が必要なのではないのでしょうか?全身整体(NTA)でしっかりと身体のメンテナンスを行ってしっかりとしたシューズで歩いて健康寿命を延ばしませんか?
接骨よつば堂ではインソール代が12.000円と検査、相談料が5.000円になります。インソールを作らなくても検査、相談料5.000円はかかります。
高いと思われる方もいるかもしれませんが接骨よつば堂のインソールはドイツではお医者さんが処方するインソールを使っています。「安いものには訳がある。高いものにも訳がある」ですよ!

検査

接骨よつば堂では施術前と後とで簡単な検査をして頂きます。ビフォーアフターです。接骨よつば堂の施術は受けた感がありません。他と違って揉んだり鳴らしたりといった事をしないので患者様自身は実感が感じにくいと思います。なのでビフォーアフターを感じていただきます。
 圧痛検査・・・痛いところ不調の所を押えて実感して頂きます。
 可動域検査・・・関節がどれだけ動くか感じて頂きます
 脚長差検査・・・足の長さの違いを感じて頂きます
これだけでも違いを感じて頂いています。特に脚長差はうつ伏せになって頂いて硬膜の調整をするだけで足の長さが揃ってきます。一般ではボキボキしたりしてパフォーマンス的に行うようですが、それも一時的だと思います。指をボキボキしてもまた鳴らしたくなりますよね。それって結局は同じ事なのではと私は思います。
接骨よつば堂では4月より患者さんにかける時間を今より10分多くとるようにいたします。10分により今よりもしっかりとした診察をして私自身も納得のいく施術をしたいと思っています。
それに伴い料金も1.000円アップさせていただく事になります。時間だけではなく特殊な材料を使ったり自律神経測定器やサーモグラフィ画像も取り入れて体感して体の変化を感じて頂き、見ても体の変化を感じて頂けるようにして頂きたいと思います。

慢性的な疾患

接骨よつば堂では初診の方から電話があると必ず「どうしました?どこが痛いですか?何時からですか?」と聞きます。今朝もお問い合わせの電話があり「慢性的に腰が痛いのですが」と言われたので「そういった治療は保険外になりますがよろしいでしょうか?」と言ったら「実はスポーツをしてまして」っとスポーツをしていても慢性痛ですし原因も転んだとかけがではありませんよね。
整骨院、接骨院は骨折、脱臼。捻挫、打撲といった急性、または亜急性で原因のハッキリした疾患しか保険を取り扱う事ができません!
 でも、その方も納得して来院されましたが話を聞いたら以前、コンビニ後の整骨院で初めは「保険が使えません」と言われたそうですが、そのうち「ではスポーツで痛めた事にしましょう」と言われたそうです。これって、明らかにブラックです!私のところの初めの電話でも、そう言われたのは、明らかに以前通った整骨院の教育ですよね!こういうことを行っている整骨院があるから国の整骨院い対する締め付けも厳しくなるわけです。
 私の所も稼働率100%という訳ではありませんが患者さんが欲しいからと言って決して法に触れるようなことはいたしません!慢性痛でも保険でと言われる方は、ハッキリ断ります。
 今日、例に出してしまった患者さん「ごめんなさい」あなたが悪いわけではありません。こういったいい加減な事を平気で行っている整骨院が悪いのです。