平均寿命

日本という国は平均寿命に妙にこだわり過ぎではないでしょうか?「日本人女性は世界で何番」だとか。果たしてそれに意味があるのでしょうか?日本の医学はトップレベルだと言われています。なので平均寿命を延ばすということは容易いと思います。
 しかし,それでよいのでしょうか?80歳、90歳と生きていてもベットの上、人の介助が必要では・・・TVなんかを観ていると介護施設の映像が流れ私的には正直「あの方達は幸せなのだろうか?」と常に思います。
 私は以前は70歳くらいまで生きれればなんて思っていましたが最近は「どうせ生まれてきたんだから人の役に立ちたい」「こうして人の役に立つ仕事をしているのだから少しでも長く生きて人の為に時間を使いたい」そう言う風に思う様になりました。
 平均寿命を延ばすより健康寿命を延ばす方が大切ではないでしょうか?健康寿命を延ばすそういった役目も私達、医療従事者の役目ではないでしょうか?
 健康寿命を延ばすためには若いうちにしっかりとしたケアーをするのも大切だと思います。最近、ちょっとした機会がありチョット強めの治療を受けました。皆さんは強めの治療を氣持ちが良いと感じるかもしれませんが私は全然そうは思いませんでした。かえって脳内なストレスだと感じました。
 治療でも体は気持ちが良いと思っていても脳はストレスと感じていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)