交通事故の患者さん

今日、一人交通事故に患者さんが来院されました。明日も一人来院されますが今日来られた患者さんは他の医療機関で診察を受けられていました。事故の程度としてはお互いのナンバープレートが歪んだ程度だったっそうですが、医療機関での治療で薬を出され牽引され事故当初は大した症状ではなかったそうですが通院される度に症状が悪化していったそうです。
薬は痛みを抑えるだけで治療ではありません。牽引は引っ張れば首の中の筋繊維、神経を傷つけるだけです。傷口を指で広げるっと同じ事なのでは?
マッサージも同じです。揉んだり叩いたりといった行為は中の細胞、組織を潰しているだけです!
院の前に「交通事故」なんてのぼり旗を立てていれば一般の方は、「ここは交通事故治療が上手なんだ!」と勘違いしてしまいます。ウナギの旗がヒラヒラなびいていると美味しそうに感じますよね?
強い刺激は満足感はあるかもしれませんが交感神経を高め痛みを強くさせます。決して治療ではありません!
交通事故の患者さんだけではありません。肩こりや腰の痛みで悩まれている方はこのブログを読んで頂き自分の身体を考え直して労わって頂ける方が少しでも増えると嬉しく思います。
明日来られる交通事故の患者さんは以前当院の治療を2回受けられた患者さんです。当院を一番初めに思い出して頂き嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です