交通事故の後遺症

当院にも交通事故の後遺症っといって他の医療機関から転移されて来られる患者さんがよくきます。
果たして本当に交通事故の後遺症なのでしょうか?よっぽど酷い交通事故で神経や骨に異常を起こした場合はあるかもしれませんが、殆どのいわゆる「むち打ち」っといった症状は二次的な交通事故の後遺症なのでなないかと私は思います。
「むち打ち」というのは後ろから衝突された衝撃により一度、頭が前に押し出され、また後ろに戻るっといった首がムチを打った様な状態になることから「むち打ち」といいます。
なので首の筋肉が衝撃により細い筋肉が切れたり炎症をおこします。そんな状態なのにマッサージをされたり牽引をされたりと、それって傷口を指で広げているだけではないのでしょうか?
当院にも他ののぼり旗や入口に大きく「交通事故」と書かれたところから転移された方がきますが、数か月、半年通って10の痛みが13~14になった!「え?それって増えてない?」「半年経っても吐き気がするようになった」っとかえって症状が悪化している方が来ます。
一般の人は、どこに行ったら良いのか分かりません。なので、そういった宣伝はどうかと思います。
私の治療は「安心、安全」を第一にしています。何度もブログで書いていますがマッサージでは対処療法であって治療ではありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です